税金に関するアドバイスはその道のプロに聞いてみよう!

税金とは何?どのような用途で使用するの?

税金とは、国が法律に基づいて国民から徴収するお金の事を指します。

この国民から徴収したお金を用いて、インフラ整備、教育、年金等、国の発展の為に使用したり、福利厚生費等の為にプールしたりとその用途は多岐に渡ります。

じゃあ税理士とはなに?何をしてくれるの?

税理士は、国が主催する合格率10%前後の税理士試験等を突破したのち、2年以上の実務を経験している税のスペシャリストです。

様々な企業や個人事業主さん等の帳簿作成や年末調整等の会計処理を代行して行ったり、そのクライアントとなる企業のの収益の向上や、その収益獲得をするための費用のコストカット、さらには各種税法の知識を網羅しての節税対策のアドバイス等を的確に行うことが出来る職業です。

また、そのクライアントの資金調達支援や融資対策のアドバイスや、実際の紹介窓口となることも可能となります。

この各種のアドバイスを行ってもらうことにより、その企業の規模次第では「年間数百万単位」の節税を行うことが出来ます。

また、税務署等の国税の調査が仮に入ってしまった場合においても、守秘義務を有しているのでそのクライアントを守る役割も果たしてくれる職業です。

節税等の税金対策は税理士さんにお任せしよう

日本の定める税法等の法律は、法人税や消費税、相続税の税法改正が頻繁に行われていることからも解るように、年単位で法改正が行われている法律です。

その為、税法に関しての知識が深く、また税法改正の情報にも敏感なアンテナを有している税理士さんを雇用している企業は、いち早くその税法改正を利用した節税等のテクニックを享受する事が可能となるのです。

税理なら岡山の優秀な事務所を選ぶことで、スムーズに確定申告や相続などの対策を立てることが可能となります。