声優に必要なスキルとは!?正しい発声方法!

声優に求められるもの

声優の練習というと、みなさん、何をイメージするでしょうか。やはり、滑舌良く話す練習や、演技の練習を真っ先に連想するのではないでしょうか。確かに声優は滑舌を良くする事も、演技力を身につける事も大切ですが、それよりも1番重要なのは、発声方法なのです。正しい発声をしないと、喉を痛めてしまう事もあります。声優にとって喉は命なので、それは絶対に避けたいですよね。そのためにも、発声練習は正しいやり方で行いましょう。発声も声優の基礎の1つです。

正しい発声方法とは?

まず、声はただ喉から出すのではなく、お腹から出すようにしましょう。喉から無理に声を出すと、声帯を痛める原因となってしまいます。発声練習のやり方は、鼻から大きく息を吸って、それを吐きながら「まー」と声を出します。発声練習をする時、「あー」と声を出す人が多いかもしれませんが、「まー」と言った方が声帯にかかる負担が少なくて済むのです。そして最初のうちは、小さめの声でOKです。そしてだんだん、出す声を大きくしていきます。

滑舌を良くしたい場合は

声優は滑舌も良くなくてはなりません。滑舌を良くするためには、まず、子音をしっかり立てて発声する事を意識するようにしましょう。そして発声する時は、口をしっかり動かすようにする事も忘れないでください。滑舌は音を1つ1つ意識して発音する事によって少しずつ良くなっていきます。なるべく発音を誤魔化さないようにして、根気強く練習をしていきましょう。何事も続けていく事が大切です。

声優の養成所には多くの卒業生がいます。自分が通う養成所を選ぶ際はその声優を調べるのも良いですが、実際に授業を見学して雰囲気を確かめると良いでしょう。