実務者研修の修了と介護の現場でできる仕事

実務者研修を修了するためには

介護の仕事の中には無資格でもできる仕事がたくさんあり、介護施設を運営していくうえで重要な役割を果たしている場合もあります。しかし無資格では仕事内容に制限があり、介護の現場において最も重要と言っても過言ではない身体介護サービスの提供を行うことができません。また無資格で仕事を続けていても介護業界でキャリアを積み上げることには繋がらず、介護の仕事を長く続けていくならば、将来性を考えて介護資格の取得をしておいた方が良いでしょう。それでは介護資格にはどのようなものがあり、どのような仕事をすることができるようになるのでしょうか。まず基本的な介護の資格として挙げられるのが、介護職員初任者研修の修了。この資格を取得することで無資格者にはできなかった、高齢者の体に直接触れる身体介護の仕事を行えるようになります。そして介護職員初任者研修修了者が取得可能となるのが実務者研修になります。実務者研修修了者になるとさらに介護の仕事の幅が広がります。

実務者研修修了者が行える介護の仕事

介護職員初任者研修の上位資格である実務者研修を修了すると、喀痰吸引等研修が免除となります。これは実務者研修のカリキュラムが「たん吸引」や「経管栄養」などの医療ケアを含む内容になっているためです。実際にこれらの医療ケアを行うためには実地研修を受講する必要が出て来ますが、今後より高度な介護が求められることが予想されるので、専門的な知識や技術は早い段階で学んでおいた方が良いと言えるでしょう。

実務者研修とは介護の現場で役立つ実践的な技術をを学ぶことです。高齢化社会の現代に貢献できる、やりがいのある職業です。