通信制高校ってどんな学校?通うメリットは?

通信制高校とはどんな学校か

通信制高校とは、全日制高校とも定時制高校とも違う高校の種類で、毎日学校に通うのではなく通信を基本に学ぶという高校です。

具体的には、毎月のレポートというものがあり、それを自宅などで勉強して作成し提出します。

週に1度程度スクーリングといういわゆる授業を受けたり、テストも受ける必要があります。

これらの課題をすべてクリアすることで単位を取得することが出来ますので、卒業に必要な単位を3年以上かけて取得することで高校卒業できるという高校になります。

通信制高校のメリットは?

通信制高校に通うメリットですが、自分の時間を取ることが出来るということです。

その分、アルバイトや趣味に集中することも出来ますし、芸能活動やスポーツなどをメインにしている生徒なども多数います。

また、すでに社会に出て働いている人でも通いやすいのも特徴です。

他にも、不登校になってしまった生徒など通常の学習が難しい生徒においても、学校に通う回数が少なくて良いので適していると言われています。

通信制高校のデメリットの解消方法

通信制高校は毎日通うというスタイルでは基本的にないので、自主学習がメインとなります。

となるとどうしても自分で勉強することが難しい生徒は挫折してしまったり、分からないままで単位の取得ができないこともあります。

高校の方で自習室などを設けて、質問できる場所を作っている場合もありますが、サポート校というものもあります。

サポート校は民間の教育施設で通信制高校の単位取得をサポートしてくれるものです。

通信制高校なら熊本で人気の所を選ぶことで、充実したカリキュラムをもとに自分に合った勉強ができる他、丁寧なサポートも期待できます。