NISAは何が得なの?誰でも口座を作れるの?

投資で利益があっても税金がかからない

所得があったときには所得税が課税されます。給料をもらったとき、事業で儲けた時などが該当しますが、それ以外に投資をして得た利益に対しても課税されます。銀行預金の利息を受けた時にもかかりますし、株式投資や投資信託に投資をしても課税されます。今は利益に対して約20パーセントの税率で税金がかかるようになっています。資産を運用するにはできるだけ税金を払わないようにしたいですが、その時に利用すると良いのがNISA口座です。この口座で取引をすると、生じた利益に課税されません。売買益があったり、配当金を受けたとしても、課税されずにすべて自分の資産のままになります。そのために効率的に資産運用ができます。ただし、投資には上限金額が設けられています。

一人に付き一つの口座を持てる

投資をするとき、金融機関で口座を作らなくてはいけません。銀行や証券会社、その他の金融機関で作る場合もあるでしょう。通常はどの金融機関でも自由に口座が作れます。投資口座では、一定の審査があります。アンケート程度なので、上手く答えれば誰でも作れます。ではNISA口座はどうかですが、こちらはいくつも作れるわけではありません。今の制度では、一人に付き1口座と決められています。新たに投資ができる口座を一つしか持てないようになっていて、いろいろな金融機関を使って自由に投資ができないようになっています。ただし、変更をしたときなどに、複数の金融機関でNISA口座の残高が残せます。変更後は、変更前の口座で追加の投資は行えないようになっています。

資産運用を行うにあたって、ファンドの選び方も重要な要素となります。会社によって金利や手数料などが異なるので、ファンドの会社を選ぶ際には、ランキングサイトや口コミサイトも参考にすると良いでしょう。