どんな株に投資するのがいい?成長株か割安株か?

売上や利益をどんどん伸ばしている会社

会社は、資産をうまく使って売上を計上し、利益を増やそうとします。利益は付加価値になります。その分の資産が増えます。資産が増えれば会社が大きくなります。より使える資産が多くなるので、もっと売上や利益を上げられる可能性があります。株式投資をするときは、投資先の株を選ぶ必要があります。この時、売上や利益をどんどん伸ばしている会社を選ぶと良いでしょう。成長性の高い株になります。最近の売上や利益の推移を見れば、どれぐらい上っているかがわかります。確実にしたいなら、なぜ売上や利益が上っているかを調べるのがいいでしょう。その会社の業種が好調な場合もあれば、あまり競合他社がいないために独り勝ちしている場合もあります。理由がわかれば、これからも成長するかがわかります。

割安になっている株を見つけて投資する

株式投資をするときの指標としてPBRがあります。一株当たりの純資産と株価の比率で、1倍以上だと株価がより評価されていると考えます。どんどん成長している会社などは株もどんどん変われるので、何倍にもなっています。一方、1倍以下の会社もあります。株式投資は必ずしも業績がいいからと買われるわけではありません。業績のいい会社があまり変われずに放置されると、PBRが1倍付近に1倍以下になります。将来的に評価される可能性があり、今のうちに買っておけば儲けられる可能性があります。注意としては、PBRが低い常態が日常的になっていないかでしょう。日常的になっていると、将来的にもその状態が続く可能性があります。かつて高い会社が低くなっている場合に狙い目になります。

株の信用取引の金利を把握するうえで、大手の証券会社やファンドなどの取り組みを欠かさずにチェックすることが有効です。