出費をいかに押さえるかが重要!信用取引にかかるコストを下げる方法

信用取引を行った際にかかるコスト

レバレッジ効果や空売りがあることで、株取引の利便性を著しく向上させてくれる信用取引。しかし、証券会社などから借用した有価物を運用するという構造上、株を買って売るというストレートな図式の現物取引と比較すれば、やや複雑な手続きを経る必要があります。そして、そうした手続きにはコストがかかってきます。信用取引にかかるコストとして取引手数料以上に重要なのが、金利と貸株料です。年利にすれば、最も利率が高いものでも4%程度ですが、日割りの複利によって賦課されることになるため、信用取引のポジションを塩漬けにしてしまうと、それだけで多額のコストを支払う羽目に陥ってしまうので十分注意する必要があります。

信用取引のコストを押さえる方法

昨今は、信用取引の手数料を低廉に設定する証券会社も増えてきました。従って、信用取引のコストを押さえたい場合、金利と貸株料を管理することが最も重要だと言えます。金利と貸株料は日割りでかかってくるものであるため、そのコストを押さえたい場合は、信用取引を行う期間を少なくすることが最も効果的です。上述のように、信用取引では塩漬けスタンスは絶対に禁物です。証券会社の中には、デイトレードによる信用取引であれば、金利がかからないという所もあるため、短期集中的に信用取引を行おうと考えている人は利用すると良いでしょう。また、ポジションの保有期間が決められている制度信用取引で投資するというのも、一つの手段です。しかし、制度信用取引の場合は逆日歩がかかってくることもあるため、株価の動向には常に気を配っておくようにしましょう。

信用取引の費用を抑えるためには、仲介手数料の安い業者の取り組みを集中的にチェックすることが肝心です。