高校転入はどんな時にできる?どうやって手続きをするの?

高校転入とは、高校を転校する

高校転入とは、高校を転校することを意味します。しかしどのような場合であれば転入学をできるのでしょうか?
基本的に4つの条件のうちのいずれかを満たす必要があります。それは、県内における移住、県外からの移住、特別な事情による転校、もしくは積極的な理由による転校です。特別な事情とはどういう場合でしょうか?それは、いじめ、病気、学費が払えないという経済的理由で公立高校へ転校する必要がある場合などがあります。しかしこれらの場合、転校の許可がなかなか得られなくなります。それは、いじめであれば証拠の提示が必要であったり、経済的な理由の場合は奨学金やバイトの利用を推奨されることがあります。

高校転入の手続きのやり方

高校転入の手続きは少し複雑です。まず募集時期ですが、多くの場合各学期末にされることが多いです。3月、8月、12月の3回になります。そのため各学期末の途中から転入することができます。
転入の手続きの順序ですが、まず現在通っている高校に、高校転入をしたいという旨を伝えます。その後成績証明書、在籍証明書、転学照会書を受け取ることができます。この書類は保管しておきましょう。そして転入したい高校に連絡をとり、転入学が可能であるかを問い合わせます。そして転入学が認められた場合、次は必要書類の提出です。この時に成績証明書なども提出します。基本的にここまでを自分で行えば、その後の手続きは学校が手続きを行ってくれます。ただし、学校によっては転入試験が行われる場合があります。そのため、転入学の検討を行う時に、転入学試験の有無を調べておくことと、もし試験に受からなかった時にどうするかを考えておくことが大切となります。

どんな場合に転入学できるの?

高校転入とは高校に在学中の生徒が他の高校に入学する事です。転入学、転校とも呼ばれます。既に取得している単位数や出席日数などによって2学年以上の学年に転入することも可能です。