初めてでも簡単!ビットコイン取引の基本をおさらいしよう

ビットコイン取引とは?

ビットコイン取引とは、取引所のユーザー同士でビットコインを売買することを意味します。現物取引だけでなく、株式取引や為替取引のように信用取引や先物取引、レバレッジをかえた取引などさまざまな形の取引が楽しめるのが特徴です。ちなみに、株式相場や為替相場は、土日や祝祭日は取引所が閉まるので、取引価格が変動することはありませんが、ビットコイン取引は年中無休で行われているので、土曜日や日曜日でも値動きしています。

取引に参加するための予算は?

初めての人は、いくらぐらいの予算でビットコイン取引に参加できるか興味があることでしょう。ほとんどのビットコイン取引所は、0.01BTC単位から売り買いが可能です。ビットコインはBTC(ビーティーシー)とよばれる単位で表されるようになっており、0.01BTCは1BTCの100分の1になります。1BTC=145,000円だとすると、0.01BTCは1,450円ということになるので、少ない予算でもビットコイン取引に参加できることがわかるでしょう。

ビットコイン取引所に登録するには?

ビットコイン取引を行うには、まずビットコイン取引所に登録する必要があります。登録に必要なものは、メールアドレスや身分証明書(運転免許証やパスポートなど)だけです。また、運営会社によってはSNSアカウントがあれば、即座に登録できるところもあります。株式取引は、証券会社に口座を開設するのにかなり時間がかかりますが、ビットコイン取引の登録はあっという間です。

ビットコインでFXとはビットコインを用いたFX取引を指します。ビットコインを用いることで費用が安く抑えられるなどの利点があります。

税金に関するアドバイスはその道のプロに聞いてみよう!

税金とは何?どのような用途で使用するの?

税金とは、国が法律に基づいて国民から徴収するお金の事を指します。この国民から徴収したお金を用いて、インフラ整備、教育、年金等、国の発展の為に使用したり、福利厚生費等の為にプールしたりとその用途は多岐に渡ります。

じゃあ税理士とはなに?何をしてくれるの?

税理士は、国が主催する合格率10%前後の税理士試験等を突破したのち、2年以上の実務を経験している税のスペシャリストです。様々な企業や個人事業主さん等の帳簿作成や年末調整等の会計処理を代行して行ったり、そのクライアントとなる企業のの収益の向上や、その収益獲得をするための費用のコストカット、さらには各種税法の知識を網羅しての節税対策のアドバイス等を的確に行うことが出来る職業です。また、そのクライアントの資金調達支援や融資対策のアドバイスや、実際の紹介窓口となることも可能となります。この各種のアドバイスを行ってもらうことにより、その企業の規模次第では「年間数百万単位」の節税を行うことが出来ます。また、税務署等の国税の調査が仮に入ってしまった場合においても、守秘義務を有しているのでそのクライアントを守る役割も果たしてくれる職業です。

節税等の税金対策は税理士さんにお任せしよう

日本の定める税法等の法律は、法人税や消費税、相続税の税法改正が頻繁に行われていることからも解るように、年単位で法改正が行われている法律です。その為、税法に関しての知識が深く、また税法改正の情報にも敏感なアンテナを有している税理士さんを雇用している企業は、いち早くその税法改正を利用した節税等のテクニックを享受する事が可能となるのです。

税理なら岡山の優秀な事務所を選ぶことで、スムーズに確定申告や相続などの対策を立てることが可能となります。

浮気性が株成功の秘訣!?賢い証券会社の選び方

証券会社の種類を知ろう

株取引を始めるにあたって、先ずは証券会社で取引口座を開設する必要がありますが、この証券会社は大きく「総合証券」と「ネット証券」の2種類に分かれます。実店舗を構え、営業マンなどを介した対人での売買を基本としているのが総合証券となり、取引の一切をオンラインで済ませるのがネット証券となります。前者は投資のプロからアドバイスを受けたり、取引上の相談ができるといったメリットがあり、後者は手続きの簡略化による手数料の安さが強みとなります。自分自身の投資経験や知識、必要な取引形態と言った点を考慮しながら、最適な証券会社を使い分ける必要があります。

証券会社を選ぶポイント

証券会社選びのポイントは大きく2つあります。先ず最も重要なのは売買手数料です。配当益による長期的な収益を目指すのであれば問題ではありませんが、デイトレードの様に短期間で何度も売買を行う取引により利益を狙うのであれば、手数料の大小は損益に直結することとなります。一回毎の手数料を廉価に設定していたり、一定取引額内であれば一律料金など、証券会社毎に手数料にはバリエーションが見られます。次に取り扱いサービスが挙げられます。証券会社によって、得意とする分野が異なりますので、国内株、海外株、新規公開株など、自分が取引を考えている株式の取り扱いがあるかを確認しなければなりません。基本的に証券口座は取引を行わない限り費用は発生しませんので、株価チャートと言った取引ツールの利用や、セミナー参加のみを目的として口座を開設しておくのも賢い方法と言えます。各社で複数口座を保有し、取引に応じて最適な証券会社を使い分ける柔軟な姿勢が投資成功の秘訣となります。

株の信用取引は自己投資金の約3倍もの取引ができます。そのためハイリスクハイリターンの投資法となっています。

相続税の支払い義務がある場合に盲点となることとは?

養子が存在する場合の相続税の支払い義務

相続税の支払い義務は、相続財産の総額が基礎控除額を超過した場合に発生します。基礎控除額は3000万円と法定相続人数に600万円をかけたものを足して算出するので、法定相続人が増えるほど高額になります。そのため被相続人が養子縁組を行った場合には基礎控除額が増加し、節税効果を期待することができます。また相続によって生命保険金などを取得した場合にも、法定相続人数に500万円をかけた額が非課税とされます。一方養子縁組を行った場合にはいくつかの税制上の規制があり、盲点となりやすいので注意が必要です。

基礎控除などの対象となる養子の数

基礎控除額や生命保険金の非課税限度額などを計算する際には養子の数に制限があります。まず被相続人に実の子供がいる場合、法定相続人数に含めることができる養子の数は1人までです。実の子供が存在しない場合でも2人までしか認められていません。さらに養子を法定相続人に含めることで不当に相続税の負担を減少させると認められる場合は、原因となる養子を法定相続人数に加えることができないという制限も存在します。

孫と養子縁組した場合

被相続人から子へ、さらに子から孫へというのが通常の相続の流れです。一方被相続人が孫と養子縁組をすることで1世代分の相続を回避し、相続税を節税することができます。しかしこの方法にも盲点が存在します。相続や遺贈により財産を取得した者が被相続人の一親等の血族か配偶者でない場合には、相続税額の2割が加算されます。通常の養子であれば一親等の血族に該当するため加算されることはありません。孫を養子とした場合には税法上一親等の血族として扱われないため2割加算の対象になります。

相続税相談ができる事務所を探すうえで、弁護士や司法書士、税理士などの多方面のプロと上手く交渉をする必要があります。

パソコン教室には色々な人が来ます!?初心者や仕事でパソコンを使っている人も

パソコン初心者も安心!

パソコン教室の生徒さんの中でも多いのが、今までパソコンを使った事がない高齢者が多いと言われています。遠方に住む孫などとメールをしたい、ウェブカメラを使って孫との会話を楽しみたいなど、パソコンを使えば色々な事が出来るので、パソコンを使えるようにしたいと考える人が多いわけです。パソコン教室では、パソコンの電源の入れ方や操作方法、そしてパソコンは何が出来るのかなどを分かりやすく教えてくれます。また、孫とメールをしたい、孫とウェブカメラで会話を楽しみたいなどの要望に応えるべく、パソコンを購入する時にも、どのようなパソコンが良いのかを教えてくれたり、お店に一緒に行って選んでくれる教室もあります。さらに、自宅でパソコンを使っている時に困った事が起きた時など、電話などで対応をして貰えるなどの教室もあるなど、パソコン初心者のための教室でもあるわけです。

資格取得のためのパソコン教室もあります

パソコン教室の中には、ある程度パソコンを使える人、仕事でパソコンを使っている人が通える教室もあります。パソコン教室に通う目的は資格取得のためであり、転職をする時などパソコンの資格を持っていると有利になるなどからも、資格取得を目指す人も少なくありません。パソコン教室では資格取得のための勉強を教えてくれるので、一人で勉強するよりも資格取得の早道と考える人が多いのです。尚、資格取得のためのパソコン教室の授業は、資格の種類毎にプランが分けられているので、これから資格取得を考えている場合には、どのようなプランが用意してあるのかを確認しておくと良いでしょう。

パソコンスクールに通うことで、表計算や文書作成などの就職の際に役立つ知識を上手く習得することができます。