声優に必要なスキルとは!?正しい発声方法!

声優に求められるもの

声優の練習というと、みなさん、何をイメージするでしょうか。やはり、滑舌良く話す練習や、演技の練習を真っ先に連想するのではないでしょうか。確かに声優は滑舌を良くする事も、演技力を身につける事も大切ですが、それよりも1番重要なのは、発声方法なのです。正しい発声をしないと、喉を痛めてしまう事もあります。声優にとって喉は命なので、それは絶対に避けたいですよね。そのためにも、発声練習は正しいやり方で行いましょう。発声も声優の基礎の1つです。

正しい発声方法とは?

まず、声はただ喉から出すのではなく、お腹から出すようにしましょう。喉から無理に声を出すと、声帯を痛める原因となってしまいます。発声練習のやり方は、鼻から大きく息を吸って、それを吐きながら「まー」と声を出します。発声練習をする時、「あー」と声を出す人が多いかもしれませんが、「まー」と言った方が声帯にかかる負担が少なくて済むのです。そして最初のうちは、小さめの声でOKです。そしてだんだん、出す声を大きくしていきます。

滑舌を良くしたい場合は

声優は滑舌も良くなくてはなりません。滑舌を良くするためには、まず、子音をしっかり立てて発声する事を意識するようにしましょう。そして発声する時は、口をしっかり動かすようにする事も忘れないでください。滑舌は音を1つ1つ意識して発音する事によって少しずつ良くなっていきます。なるべく発音を誤魔化さないようにして、根気強く練習をしていきましょう。何事も続けていく事が大切です。

声優の養成所には多くの卒業生がいます。自分が通う養成所を選ぶ際はその声優を調べるのも良いですが、実際に授業を見学して雰囲気を確かめると良いでしょう。

専門学校は人脈作りの場として利用する!?勉強内容で選ぼう

専門学校は資格試験受験対策の場所なのか

プログラミングを勉強するために、専門学校に通って頑張ろうと考えている人が多いでしょう。2年間の過程で学んだことを実際に就職してから実践で役に立つことはほとんどありません。なぜなら、基礎的な考え方を学ぶことは出来ても、大抵が情報処理技術者試験といった資格試験受験を目標に頑張るための場所として提供されがちだからです。専門学校で本格的にプログラミングを学びたいのであれば、授業内容が実践的なものかどうかを確認してから学校選びを行なう必要があります。プログラミングを教えている専門学校の多くが、コードを書いている時間よりも、概念説明に費やす時間が大半となってしまうので、実践的な授業を行っている所以外は意味がありません。

プログラミングの勉強は本人次第

プログラミングを覚えることは、自宅で一人でも可能です。しかし、最初の躓きや周囲との付き合いの中で、啓発されて頑張れるタイプの人にとっては、専門学校が果たす役割は大きいでしょう。プログラミングは、多くのコードを書いて慣れることから身に付ける方法が実践的です。手を動かしている時間が長いほど、多くのコードに触れることが出来るので、繰り返し行なうことで新しいことを次々と覚えられます。専門学校の中だけで授業を聞いていても、毎日プログラミングコードを書かないと、上達速度は遅くなってしまいます。専門学校の教員は、既にプログラマーを引退して講師となっているので、最新のプログラマー動向については、正確な理解が出来ていません。だからこそ、実践的なプログラミングを毎日行っている専門学校以外は、あまり意味が無くなってしまうわけです。

ゲームの専門学校というのは将来ゲームデザイナーを目指す方が通う学校を指します。在学中に様々なゲーム作成の基本を学びます。