火災保険の中身についてよく確認しておくこと

火災保険には大きく2種類ある

住宅を購入した人や住宅を建築した人はかなり高い確率で火災保険に加入しています。不動産会社の方で諸費用のなかに火災保険の費用を入れられてしまいますので、どのような内容になっているかまでは自分で積極的に確認をしないことが多いです。火災保険の内容は大きく分けて二つに分かれています。一つが建物に対する保険です。これは建物が火事になって建物が利用できないほど焼失した場合などに適用されます。もう一つは家財に対するものです。家財とは建物の中にある財産です。例えばテレビや電子レンジ、桐のタンス、洋服などがこれにあたります。オプションなどを付けなければ、火災保険はどこの会社も建物に関する保証をが中心となっています。家財に関する保証はあくまでオプション扱いになっているというわけです。

どの範囲で保険に加入するべきか

火災保険に加入をするならば、住宅の火災に対して加入するのは当然として、果たしてオプションをどこまで付けるかが問題になります。オプションは家財だけではありませんが、保険会社の人と契約をするときに家財保険を利用するかどうかを選択しなければなりません。その時はじめて保険の内容に気がつく人もいるでしょう。もし、心配であれば家財も保険に入れておいた方がよいです。また、家財の中でも高価なものがある場合に関しては保険に入っておいた方がよいでしょう。ただし家財保険のようにオプションを選択するということは、その分費用が高くなるということです。その点を覚悟して加入をしましょう。

火災保険では、地震・噴火などによる火災・津波の被害は補償されません。従って地震保険に加入する必要がありますが、地震保険は火災保険とセットで加入する必要があります。